So-net無料ブログ作成
検索選択

労働紛争相談、09年度24万件=雇用調整案件が増加―厚労省(時事通信)

 厚生労働省は26日、労働者と企業のトラブルを裁判に訴えず迅速な解決を目指す「個別労働紛争解決制度」について、2009年度相談状況を発表した。経済情勢の悪化を受け、解雇など民事上の個別労働紛争に関する相談件数は、前年度比4.3%増の24万7302件に上った。
 相談内容をみると、「解雇」が2.8%増で、全体のほぼ4分の1を占めた。ほかの雇用調整案件も「退職勧奨」が18.2%増、「雇い止め」が6.4%増と軒並み増加。パワーハラスメントなど「いじめ・嫌がらせ」は10.9%増、賃金カットなど「労働条件の引き下げ」は8.3%増といずれも増えた。
 相談者別では、期間契約社員が15.6%増、パート・アルバイトが10.5%増と、急増が際立つ。正社員は6.1%増で、派遣は38.5%減だった。 

【関連ニュース
小6いじめ自殺で和解=道、市が遺族に謝罪
いじめ撮影?動画を投稿=中学生徒がネットに
「何かあったはず」「調査を」=学校側に真相解明訴え
中2女子が飛び降り自殺=いじめ示す遺書

自公会談 口蹄疫特措法案不調なら赤松農水相不信任決議案 28日に内閣不信任案で協議(産経新聞)
高速料金 「上限千円」廃止の反動懸念(産経新聞)
<裁判員裁判>強姦致傷→強姦で起訴 被害女性の意向で回避(毎日新聞)
クリントン長官、午後来日=日米実務者は詰めの協議―普天間(時事通信)
ネットに個人情報公開され…退職や懲戒処分も(読売新聞)

新茶でおいしく健康に 「香りと味」楽しみ メタボ解消(産経新聞)

 八十八夜(5月2日)も過ぎ、新茶がおいしいシーズンだ。春先の天候不順で主産地の静岡では収穫の遅れはあったものの、「例年並みの品質」(静岡県茶業農産課)という。新茶ならではの「香りと味」を楽しみ、緑茶が持つ健康面でのメリットも考えたい。(谷内誠)

 東京日本橋高島屋内の茶専門店「Tea.Pi.O.(ティピオ)」の店長、安藤梢さんが言う。

 「全国でも早い時期から茶摘みが行われる鹿児島産に続いて静岡産も入って、店頭で新茶の香りを確かめるお客さまが増えています。東京周辺では静岡や埼玉の狭山茶などキリッとした味が人気ですが、鹿児島茶の甘みの新鮮さに親しまれる方も出ていますね」

 ◆ベストは80度

 安藤さんにおいしいお茶のいれ方を聞くと、「沸騰したお湯をいったん80度ほどに冷まし、大さじ2杯(約8グラム)の茶葉に約210ミリリットルのお湯を注いでください。ポットの熱いお湯では茶葉がやけどします。ひと手間かけてゆったりとお茶を楽しんでもらいたい。1せん目は甘さを、2せん目には熱めのお湯ですっきりした味わいもでます」とアドバイスしてくれた。同店では1500〜2000円(税別、各100グラム)の新茶が人気という。

 一方、東京・築地の専門店「茶の実倶楽部」では、今年1月から出している「お茶プレッソ」が人気だ。コーヒーを高圧の湯で抽出するように日本茶をエスプレッソマシンでいれる。「煎茶(せんちゃ)よりも濃く、抹茶より透明な色合いで新しい飲み方の提案」(広報担当の土屋葉さん)といい、店頭のみで茶菓子付き100円で提供中だ。

 ◆食後が大切

 東京家政学院大の海野知紀准教授は「緑茶に含まれるポリフェノールの一種であるカテキンが健康に良いと広く知られるようになりましたが、お茶を好んで飲む日本人は健康にプラスに働くことを無意識のうちに長年続けてきました」と指摘。そのうえで、「カテキンには脂肪吸収をブロックする効果があり、空腹時よりは食事中や食後に飲むことが大切です。食生活全体の中でのお茶の位置付けを考えたい」と、お茶の栄養学的観点から提案する。

 ■カテキン効果 脂肪5%減

 緑茶カテキンはメタボリックシンドローム解消にも効果がある。

 伊藤園中央研究所(静岡県牧之原市)の提坂(さげさか)裕子所長らの研究グループは昨年、20〜60代の女性を対象に調査。340ミリリットル当たり約200ミリグラムのカテキンを含む飲料と含まない飲料を別々のグループに1日2本ずつ飲んでもらい、12週後に体脂肪の低減度をコンピューター断層撮影(CT)を使って調べた。

 その結果、腹部の皮下脂肪と内臓脂肪の総面積の比較で、カテキン飲料を飲んだ18人が299・8平方センチ(平均)から284・2平方センチ(同)と5・2%減少。含まない飲料を飲んだ20人のグループは287・8平方センチ(同)から287・7平方センチ(同)とほとんど変化がなかった。

 提坂所長は「2グループとも摂取カロリーや運動量に差はない。カテキン飲料を飲んだグループが5%(面積比)の脂肪を減らせたことで、カテキンの効果がはっきりした。緑茶にはさまざまな効果・効能があることが分かっている。お茶だけで病気は予防できないが、健康につながることを意識し、毎日おいしく飲んでもらいたい」と話す。

 この研究内容は21日から徳島市で開かれる第64回日本栄養・食糧学会で発表される。

【関連記事】
新茶まつりで茶摘み体験、地元さしま茶PR 古河
メタボ改善に新甘味料 香川の会社、希少糖使い
女性の更年期の悩み 増える内臓脂肪 メタボに注意
夏も近づく八十八夜♪ 姉さんかぶりで新茶摘み
数量減も熱気と香り…静岡で新茶の初取引始まる

普天間政府方針で官房長官、5月末の「閣議了解なし」を示唆(産経新聞)
<メキシコ大地震>希少メダカの産卵床破壊 絶滅の心配も(毎日新聞)
下着姿でお札ばらまく、277万円回収…名古屋(読売新聞)
<羽生市長選>河田氏が無投票再選(毎日新聞)
橋下知事PRのバイオ燃料「E3」事業頭打ち(産経新聞)

不動産会社社長ら逮捕 介護マンション契約金詐取疑い(産経新聞)

 介護付き福祉マンションの契約金名目で高齢者らから現金をだまし取った疑いが強まり、神奈川県警捜査2課と平塚署は6日、詐欺の疑いで、同県秦野市の不動産会社「コスモス」社長、山崎辿(たどる)容疑者(63)と妻で同社役員、みどり容疑者(57)を逮捕した。県警は同日、コスモスや山崎容疑者の自宅など数カ所を家宅捜索、押収資料を分析し事件の実態解明を進める。

 県警によると、山崎容疑者らは「入居一時金は受け取ったが、だましてはいない」と容疑を否認している。

 県警の調べによると、山崎容疑者らは新聞の折り込み広告などで、「サン・オリーブ」と名付けた同県平塚市内に建設中の介護付き福祉マンションに、入居を希望する高齢者を募集。

 平成20年9月、見学に訪れた相模原市南区の70代の無職女性に、「入居一時金は525万円で、月々の利用料は11万円。11月中旬には完成するので、同月末までには入居できる」などと虚偽の説明をして、現金525万円をだまし取った疑いが持たれている。

 マンションは予定日を過ぎても完成せず、契約者らから「なかなか完成しない」との苦情が同県の「かながわ中央消費生活センター」に寄せられていた。マンションには電気やガス、水道などの設備が整備されていなかったため、県は入居者を募集しないよう勧告していた。一部の解約者らは、損害賠償を求めて訴訟を起こしているが、全額の弁済には至っていない。

 マンションは19年、横浜地裁小田原支部で競売開始が決定されていたが、山崎容疑者らは入居希望者らにこうした事実を説明していなかったという。

 問題のマンションをめぐっては、6日までに44件の被害相談が同センターに寄せられ、被害総額は約2億6千万円に上っている。

【関連記事】
介護マンション詐欺 巧みな手口で勧誘
介護住宅で2億4千万円被害 詐欺容疑で本格捜査へ 神奈川県警 
「赤西さん連絡先教える」とうそ 現金詐取容疑の女を逮捕
介護報酬詐取で経営者の男に有罪判決 大阪地裁
狡猾手口から浮かぶ女の“素顔” 結婚詐欺・連続不審死
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

五輪メダル計10個!池谷&長塚&谷…民主チーム五輪で参院選(スポーツ報知)
<御殿場女性遺体>遺棄容疑で元夫逮捕 殺害も認める(毎日新聞)
帆船工作や操船体験 海の子どもフェスタ 15、16日に開催(産経新聞)
【2010参院選 比例代表 予想の顔ぶれと情勢】新党ラッシュ、議席いくつ?(産経新聞)
<普天間移設>亀井氏「くい打ち方式案は困難」(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。