So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

労働紛争相談、09年度24万件=雇用調整案件が増加―厚労省(時事通信)

 厚生労働省は26日、労働者と企業のトラブルを裁判に訴えず迅速な解決を目指す「個別労働紛争解決制度」について、2009年度相談状況を発表した。経済情勢の悪化を受け、解雇など民事上の個別労働紛争に関する相談件数は、前年度比4.3%増の24万7302件に上った。
 相談内容をみると、「解雇」が2.8%増で、全体のほぼ4分の1を占めた。ほかの雇用調整案件も「退職勧奨」が18.2%増、「雇い止め」が6.4%増と軒並み増加。パワーハラスメントなど「いじめ・嫌がらせ」は10.9%増、賃金カットなど「労働条件の引き下げ」は8.3%増といずれも増えた。
 相談者別では、期間契約社員が15.6%増、パート・アルバイトが10.5%増と、急増が際立つ。正社員は6.1%増で、派遣は38.5%減だった。 

【関連ニュース】
小6いじめ自殺で和解=道、市が遺族に謝罪
いじめ撮影?動画を投稿=中学生徒がネットに
「何かあったはず」「調査を」=学校側に真相解明訴え
中2女子が飛び降り自殺=いじめ示す遺書

自公会談 口蹄疫特措法案不調なら赤松農水相不信任決議案 28日に内閣不信任案で協議(産経新聞)
高速料金 「上限千円」廃止の反動懸念(産経新聞)
<裁判員裁判>強姦致傷→強姦で起訴 被害女性の意向で回避(毎日新聞)
クリントン長官、午後来日=日米実務者は詰めの協議―普天間(時事通信)
ネットに個人情報公開され…退職や懲戒処分も(読売新聞)

新茶でおいしく健康に 「香りと味」楽しみ メタボ解消(産経新聞)

 八十八夜(5月2日)も過ぎ、新茶がおいしいシーズンだ。春先の天候不順で主産地の静岡では収穫の遅れはあったものの、「例年並みの品質」(静岡県茶業農産課)という。新茶ならではの「香りと味」を楽しみ、緑茶が持つ健康面でのメリットも考えたい。(谷内誠)

 東京・日本橋高島屋内の茶専門店「Tea.Pi.O.(ティピオ)」の店長、安藤梢さんが言う。

 「全国でも早い時期から茶摘みが行われる鹿児島産に続いて静岡産も入って、店頭で新茶の香りを確かめるお客さまが増えています。東京周辺では静岡や埼玉の狭山茶などキリッとした味が人気ですが、鹿児島茶の甘みの新鮮さに親しまれる方も出ていますね」

 ◆ベストは80度

 安藤さんにおいしいお茶のいれ方を聞くと、「沸騰したお湯をいったん80度ほどに冷まし、大さじ2杯(約8グラム)の茶葉に約210ミリリットルのお湯を注いでください。ポットの熱いお湯では茶葉がやけどします。ひと手間かけてゆったりとお茶を楽しんでもらいたい。1せん目は甘さを、2せん目には熱めのお湯ですっきりした味わいもでます」とアドバイスしてくれた。同店では1500〜2000円(税別、各100グラム)の新茶が人気という。

 一方、東京・築地の専門店「茶の実倶楽部」では、今年1月から出している「お茶プレッソ」が人気だ。コーヒーを高圧の湯で抽出するように日本茶をエスプレッソマシンでいれる。「煎茶(せんちゃ)よりも濃く、抹茶より透明な色合いで新しい飲み方の提案」(広報担当の土屋葉さん)といい、店頭のみで茶菓子付き100円で提供中だ。

 ◆食後が大切

 東京家政学院大の海野知紀准教授は「緑茶に含まれるポリフェノールの一種であるカテキンが健康に良いと広く知られるようになりましたが、お茶を好んで飲む日本人は健康にプラスに働くことを無意識のうちに長年続けてきました」と指摘。そのうえで、「カテキンには脂肪吸収をブロックする効果があり、空腹時よりは食事中や食後に飲むことが大切です。食生活全体の中でのお茶の位置付けを考えたい」と、お茶の栄養学的観点から提案する。

 ■カテキン効果 脂肪5%減

 緑茶カテキンはメタボリックシンドローム解消にも効果がある。

 伊藤園中央研究所(静岡県牧之原市)の提坂(さげさか)裕子所長らの研究グループは昨年、20〜60代の女性を対象に調査。340ミリリットル当たり約200ミリグラムのカテキンを含む飲料と含まない飲料を別々のグループに1日2本ずつ飲んでもらい、12週後に体脂肪の低減度をコンピューター断層撮影(CT)を使って調べた。

 その結果、腹部の皮下脂肪と内臓脂肪の総面積の比較で、カテキン飲料を飲んだ18人が299・8平方センチ(平均)から284・2平方センチ(同)と5・2%減少。含まない飲料を飲んだ20人のグループは287・8平方センチ(同)から287・7平方センチ(同)とほとんど変化がなかった。

 提坂所長は「2グループとも摂取カロリーや運動量に差はない。カテキン飲料を飲んだグループが5%(面積比)の脂肪を減らせたことで、カテキンの効果がはっきりした。緑茶にはさまざまな効果・効能があることが分かっている。お茶だけで病気は予防できないが、健康につながることを意識し、毎日おいしく飲んでもらいたい」と話す。

 この研究内容は21日から徳島市で開かれる第64回日本栄養・食糧学会で発表される。

【関連記事】
新茶まつりで茶摘み体験、地元さしま茶PR 古河
メタボ改善に新甘味料 香川の会社、希少糖使い
女性の更年期の悩み 増える内臓脂肪 メタボに注意
夏も近づく八十八夜♪ 姉さんかぶりで新茶摘み
数量減も熱気と香り…静岡で新茶の初取引始まる

普天間政府方針で官房長官、5月末の「閣議了解なし」を示唆(産経新聞)
<メキシコ大地震>希少メダカの産卵床破壊 絶滅の心配も(毎日新聞)
下着姿でお札ばらまく、277万円回収…名古屋(読売新聞)
<羽生市長選>河田氏が無投票再選(毎日新聞)
橋下知事PRのバイオ燃料「E3」事業頭打ち(産経新聞)

不動産会社社長ら逮捕 介護マンション契約金詐取疑い(産経新聞)

 介護付き福祉マンションの契約金名目で高齢者らから現金をだまし取った疑いが強まり、神奈川県警捜査2課と平塚署は6日、詐欺の疑いで、同県秦野市の不動産会社「コスモス」社長、山崎辿(たどる)容疑者(63)と妻で同社役員、みどり容疑者(57)を逮捕した。県警は同日、コスモスや山崎容疑者の自宅など数カ所を家宅捜索、押収資料を分析し事件の実態解明を進める。

 県警によると、山崎容疑者らは「入居一時金は受け取ったが、だましてはいない」と容疑を否認している。

 県警の調べによると、山崎容疑者らは新聞の折り込み広告などで、「サン・オリーブ」と名付けた同県平塚市内に建設中の介護付き福祉マンションに、入居を希望する高齢者を募集。

 平成20年9月、見学に訪れた相模原市南区の70代の無職女性に、「入居一時金は525万円で、月々の利用料は11万円。11月中旬には完成するので、同月末までには入居できる」などと虚偽の説明をして、現金525万円をだまし取った疑いが持たれている。

 マンションは予定日を過ぎても完成せず、契約者らから「なかなか完成しない」との苦情が同県の「かながわ中央消費生活センター」に寄せられていた。マンションには電気やガス、水道などの設備が整備されていなかったため、県は入居者を募集しないよう勧告していた。一部の解約者らは、損害賠償を求めて訴訟を起こしているが、全額の弁済には至っていない。

 マンションは19年、横浜地裁小田原支部で競売開始が決定されていたが、山崎容疑者らは入居希望者らにこうした事実を説明していなかったという。

 問題のマンションをめぐっては、6日までに44件の被害相談が同センターに寄せられ、被害総額は約2億6千万円に上っている。

【関連記事】
介護マンション詐欺 巧みな手口で勧誘
介護住宅で2億4千万円被害 詐欺容疑で本格捜査へ 神奈川県警 
「赤西さん連絡先教える」とうそ 現金詐取容疑の女を逮捕
介護報酬詐取で経営者の男に有罪判決 大阪地裁
狡猾手口から浮かぶ女の“素顔” 結婚詐欺・連続不審死
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

五輪メダル計10個!池谷&長塚&谷…民主チーム五輪で参院選(スポーツ報知)
<御殿場女性遺体>遺棄容疑で元夫逮捕 殺害も認める(毎日新聞)
帆船工作や操船体験 海の子どもフェスタ 15、16日に開催(産経新聞)
【2010参院選 比例代表 予想の顔ぶれと情勢】新党ラッシュ、議席いくつ?(産経新聞)
<普天間移設>亀井氏「くい打ち方式案は困難」(毎日新聞)

<日本創新党>設立届…「第三極」へ見切り発車(毎日新聞)

 地方自治体の首長らによる新党「日本創新党」は19日、総務省に政治団体の設立届を提出した。大阪府の橋下徹知事が代表の地域政党も同日、大阪市内で設立集会を開くなど、新党の動きが続いている。ただ、新党は乱立気味で、創新党は18日の立党会見でも具体的な政策や参院選への党幹部の出馬があいまいな「見切り発車」の感が否めない。今後は「第三極」の旗頭を巡り、新党間の主導権争いが展開されそうだ。【笈田直樹、野原大輔、野原寛史】

 「川のこっち側なのか向こう側なのか、まず見極めたい」

 枝野幸男行政刷新担当相は18日、視察先の岩手県遠野市で記者団にこう語り、具体策の提示がない創新党の問題点を指摘した。

 同党党首の山田宏・東京都杉並区長は18日の会見で「自由で力強い日本を目指す」「現実主義に基づいた外交を」と訴えたが、具体策は「各地で国民がどう思うか聞きたい」と先送り。山田氏や代表幹事の中田宏前横浜市長ら党幹部の参院選出馬も「しかるべき時期に発表する」と話すにとどめた。

 創新党に参加する地方議員には困惑が広がる。「政策指針」は18日の発表資料で初めて目にし、入党手続きもこれからで「動きが遅い。もう1、2カ月早くやってくれないと困る」と不満も漏れる。秋田県の佐竹敬久知事は19日の会見で「(参加者は)それぞれの自治体運営が中途半端な中で創新党に移った」と述べ、任期途中で辞任した中田氏や現役区長の山田氏に疑問を投げかけた。

 一方、「第三極」として先行するみんなの党の江田憲司幹事長は19日のBS11の収録で、たちあがれ日本と創新党を「両党とも極めて国家主義的だ」と切り捨てた。消費税率引き上げを目指すたちあがれ日本とは明確に一線を画し、創新党にも「どういうアジェンダ(政策課題)か存じ上げない」(渡辺喜美代表)と参院選前の連携に消極的で、第三極の結集軸は見当たらない。

【関連ニュース】
新党:「たちあがれ日本」政策面で自民との違い見いだせず
与謝野元財務相:新党結成で合意 平沼元経産相代表就任へ
みんなの党:「参院選出馬20人以上に」渡辺代表
社説:与謝野氏離党届 早く新党の理念見せよ
みんなの党:「自民党は終わった」 渡辺喜美代表が講演で

「一般への影響、最小限に」=APEC控え、交通部長会議−警察庁(時事通信)
支給方法で選択制も=11年度以降の子ども手当−仙谷戦略相(時事通信)
<Rikejo>理系女子を応援 先輩に悩み相談も 携帯、PC、会員誌も 7月から講談社(毎日新聞)
<普天間問題>社民幹事長、徳之島移設案に反対(毎日新聞)
全国学力テスト、7割が参加=抽出調査に移行−文科省(時事通信)

<ごはんうどん>ふっくら炊きたてから麺 JA福岡中央会が発表(毎日新聞)

 炊いたご飯を原材料にしたうどん「JA博多ごはんうどん」の発表会が21日、ごはんミュージアム(東京都千代田区)で開かれた。ごはんうどんはJA福岡中央会(福岡市)が開発したもので、「うどんの食べ方に革命をもたらす」としてPRにも力が入った。

 ごはんうどんは炊きたての白米をつぶし、つなぎに米粉を使い麺(めん)にしたもの。米粉は群馬県のメーカーが開発した製麺用米粉を採用した。見た目はうどんそのものだが、食感は米特有のもちもち感があり、のどごしがいいのが特徴。また通常のうどんと違って、冷めても麺が伸びることがなく、和洋中さまざまな料理に活用できるという。

 会場で試食した食品メーカーの女性は、「通常のうどんとそん色ない。冷やしたものは、のどごしがあっておいしい。さっそくレシピ開発にとりかかりたい」と話し、評価も上々だった。

 JA福岡中央会の花元克巳会長は、「『ご飯をもう一杯』と呼びかけても限界がある。うどんという形で米を食べてほしい」と話し、ごはんうどんが消費者の米離れを食い止め、自給率向上につながることに期待を寄せている。こうした動きを受けて農水省では、水田利活用自給率向上事業の新規需要米に「ごはんうどん用米」を認定した。花元会長は、「ごはんうどん用の米栽培で農家は減反から解放され、自立産業をめざすことができる」と語り、将来的には全国47都道府県それぞれの地域で、その土地で収穫された米を利用してごはんうどんを作ってほしい、としている。

 ごはんうどんは15日からインターネットで販売を開始。現在、月産6000個の体制を整えている。販売は麺5個セット(スープ付き)で1000円。今後、代理店などを通じて全国で販売する予定だ。問い合わせは福岡農産物通商株式会社(092・715・7877)【江刺弘子】

【関連ニュース】
山梨県の郷土料理「ほうとう」
香川県の郷土料理「讃岐うどん」
<写真特集>「富士宮やきそば」「せんべい汁」…各地のB級グルメ、集合!
フォーを家で味わいたい
米粉のロールケーキ「お役所仕事」

税理士ら4人に課徴金=TOB情報でインサイダー−金融庁(時事通信)
中国人から「中国の恥だ」 上海万博PR曲に盗作疑惑(J-CASTニュース)
中国潜水艦、沖縄沖を通過=公海で艦船7、8隻も−北沢防衛相(時事通信)
金塊7キロなど盗まれる=被害総額2000万円以上−福岡(時事通信)
猿人に近い種が祖先か=インドネシアの小柄な古人類−豪大教授が新説・国立科博(時事通信)

<名古屋・河村市長>持論展開「減税しないと天下り天国に」(毎日新聞)

 名古屋市の河村たかし市長は14日、日本記者クラブ(東京都千代田区)で記者会見し、市民税10%減税が市議会の修正で10年度限りとされたことに触れ「無駄遣いを無くしても減税しなければお金は役所に残り、公務員の給料も高いまま。天下り天国が生じる」と持論を展開した。

 また、民主党政権を浮揚させるためのアイデアを記者から問われると「消費税を1%減税する。鳩山由紀夫首相も小沢一郎幹事長も給料800万円でやればいい」と述べた。

 これに先立ち、総務省顧問でもある河村市長は原口一博総務相と面会。議会解散に向けた署名活動の期間が地方自治法施行令で都道府県は2カ月、市町村は1カ月と決まっていることについて「大都市は県並みにするか人口比例にすべきだ」と要望した。河村市長によると原口総務相は「検討します」と答えたという。また市長は▽地方税率を地方で自主的に決める▽地方債発行への国の関与を無くす−−などの改革案も提出した。【高橋恵子】

【関連ニュース】
河村名古屋市長:応援団長に俳優の菅原文太さん
名古屋市議会:主要会派、ビラ全戸配布へ「市民の理解を」
名古屋市臨時会:19日招集 定数維持、報酬半減案調整も
名古屋市役所:新規採用587人に辞令交付
河村名古屋市長:リコール運動不調でも辞任せず

宝塚音楽学校 タカラジェンヌ卵たちが第一歩…入学式(毎日新聞)
3年物で年1.4%も出現 「高金利定期」に人気
<馬淵副国交相>整備区間建設中止も…高速道に新たな枠組み(毎日新聞)
民主、20日から動画配信(産経新聞)
村本さん死亡「軍が実弾発砲」…タイ政府は否定(読売新聞)

中国に新たな懸念表明せず 死刑執行で政府(産経新聞)

 日本政府は中国当局が日本人死刑囚の刑を執行したことについて、「残念」(鳩山由紀夫首相)としながらも、中国側に新たな懸念などを表明することはなかった。

 首相は6日夕、記者団に対し、「司法制度が違う状況の中で(刑罰が)厳しすぎるという思いはあるが、このことで日中に亀裂が入らないように政府としても努力する」と述べた。

 岡田克也外相も同日夕の記者会見で、「どういう行為にどういう刑罰を科すかはその国の立法政策の問題だ」と述べ、中国とは司法制度が異なる以上、死刑執行そのものに抗議はできないとの考えを示した。

 一方で、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は「大変ショックだ。日本であれば死刑にならないし、国際的にみても量刑が重すぎる」と述べ、中国側の対応を批判した。

 中国側は週内に他の3人の日本人死刑囚についても刑執行を行うと通告している。今回の死刑執行について政府内には「日本と比べかなり刑罰が重い」(千葉景子法相)との指摘も出ており、国内世論の動き次第では今後の対中外交に影響がでる可能性もある。

【関連記事】
死刑執行「日中関係に影響与えず」 中国、法治を強調
名張毒ぶどう酒事件で、最高裁が高裁に審理を差し戻し 
透明性高める努力必要 邦人死刑執行
「誠に遺憾」日弁連会長がコメント 中国の死刑執行
中国、麻薬密輸罪で邦人の死刑を執行 1972年の正常化後初
「中国内陸部の資源事情とは…?」

「紙」から「画面」へ 電子書籍、出版システム変える可能性(産経新聞)
アフガン取材中、連絡途絶える=日本人フリージャーナリスト(時事通信)
「ネットハンター」が始動=闇サイト捜査、専従班設置−警視庁(時事通信)
名張毒ぶどう酒事件 「再審決定を」支援者が高検に要請(毎日新聞)
自民党 「逆仕分け」で反転攻勢…選対に若手起用も(毎日新聞)

<患者骨折>元看護師を再逮捕…別の女性への容疑 兵庫県警(毎日新聞)

 佐用共立病院(兵庫県佐用町)で高齢の入院患者6人が肋骨(ろっこつ)を折られた事件で、県警佐用署などは4日、うち1人を骨折させたとして起訴された佐用町山脇、元看護師、羽室沙百理(さおり)被告(26)=懲戒解雇=を別の女性患者1人に対する傷害容疑で再逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、昨年1月17〜19日の間、同病院に入院していた女性(当時88歳)の胸を手で圧迫するなどの暴行を加え、肋骨4本を折る全治6週間のけがをさせたとしている。女性は同年7月に死亡した。

 羽室容疑者は今年3月11日、女性患者(当時85歳)への傷害容疑で逮捕され、神戸地検姫路支部が今月1日に傷害罪で起訴している。

【関連ニュース】
傷害:別の患者骨折容疑で元看護師を再逮捕へ…兵庫県警
患者骨折:カメラ設置後被害なし 看護師、体制強化察知か
患者骨折:胸部を強く圧迫か 逮捕の元看護師
患者6人骨折:看護師を傷害容疑で逮捕 兵庫の病院で
兵庫・佐用共立病院の患者骨折:カメラ設置後被害なし 元看護師、体制強化察知か

秘書仲間から疑問も 勝場被告、20年来の「金庫番」(産経新聞)
「現場の声、政策反映へ」=日医新会長に期待−長妻厚労相(時事通信)
陸自隊員が飲酒当て逃げ=道交法違反容疑で逮捕−山口県警(時事通信)
自民党 執行部、現体制で参院選…谷垣総裁(毎日新聞)
<北朝鮮経済制裁>政府が1年間延長へ 強硬姿勢を堅持(毎日新聞)

<雑記帳>「歌声モノレール」が大人気 千葉市(毎日新聞)

 車窓の春の風景を楽しみながら、みんなで青春の歌を歌いませんか−−。千葉モノレール(千葉市)が、走る歌声喫茶「歌声モノレール」の運行を企画したところ、応募が殺到し、定員オーバーとなった。

 1950年代から60年代にかけ流行した歌声喫茶を車内で再現。ビルの合間をぬって市街地から郊外へと走る1時間半、キーボードの伴奏で乗客が声を合わせ、思い出のロシア民謡や昭和歌謡を歌う趣向だ。

 1500円でドリンク付き。受け付け開始から3日で計4両分の定員140人が満席となり、急きょ6月に第2弾を運行することに。赤字経営が続いていたが、この調子なら、線路は続くよ、どこまでも?【奥村隆】

【関連ニュース】
いきいきサークル:歌声喫茶グループ「ハーモニーの会」 /島根
ホテル情報:シーサイドホテル舞子ビラ神戸ほか /兵庫
はとバス歌声喫茶=鈴木琢磨

日本の技術を国際標準化=「知財」推進で三つの柱−政府(時事通信)
<法勝寺>八角九重塔 時を超え広がるロマン /京都(毎日新聞)
【風を読む】論説委員長 中静敬一郎 若者が自衛隊に入れない(産経新聞)
<訃報>竹山広さん90歳=歌人(毎日新聞)
「北野をどり」きょう開幕(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。